EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【柔軟性】ブランド力を上げていくのは左寄り

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。

geralt / Pixabay

柔軟性は「異なる考えや行動を受け容れようとするエネルギー」です。

変わらねばならない時、左寄りは「変えなくて済むなら変えたくない」と考えることが多く、右寄りは「ラッキー」「問題なし!」と考えることが多いと言えます。

柔軟性右寄りは変化を好む傾向があるため、昨日、上手くいったやり方も、今日は別のやり方をしてみたくなったり、明日も変更してしまったりすることがあります。

せっかく上手くいっていた方法をやめてしまい、やったことがない方法を採用するので、時として失敗します。

お客様は、昨日の成果を評価していただいたからこそ今日の注文をしてもらったのに、新しいやり方をしてしまったが故に、クレームになってしまうこともあるわけです。

 

柔軟性左寄りであれば、以前い上手にいった方法を、そのまま踏襲して続けたいと考える傾向があります。そのため、機能性こうしたのであれば、今日も成功しますし、明日も成功します。

そうすることで、お客様の期待に繰り返し応えることができるので、お客様からの信頼を獲得することになります。

つまり、ブランドに育っていくわけです。

 

柔軟性左寄りがブランドを作っているということを忘れてはいけません。

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。