EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

人とは「普通が違う」という前提に立つと退職者が激減する

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなります。

 

geralt / Pixabay

会社の退職理由は「人間関係」であることが大半です。

退職者が様々な理由を述べたとしても、それが1番の理由であることはまれで、職場の人間関係に悩んでいることが大半です。

では、なぜ職場の人間関係に問題が生じるのでしょうか?

働いている人は皆、人の役に立ちたいと思っていますし、自分自身を向上させたいと考えています。

誰しも「良かれと思って」行動、発言をしています。

ところが、人によって「普通」が異なるので、Aさんが考える「良いこと」がBさんにとっては「悪いこと」と感じてしまうことがあるのです。

同じことばを耳にしても、エマジェネティックス®の特性によってその解釈が異なることが非常に多く発生するのです。

Aさんは相手のためを思って「○○するとよいのでは?」と発言したのに、Bさんがその発言を聞いたとき、「自分の邪魔をしている」と感じてしまうのは、プロファイルの違いがあるからです。

エマジェネティックス®は、人によって普通が違う事を教えてくれます。

相手に正しく意図を伝えるための表現方法を、プロファイルが教えてくれるのです。

つい、私達は人は誰でも普通が同じだと思いがちで、つい、自分の普通を使ってコミュニケーションを取ろうとしてしまいます。

しかし、プロファイルが異なれば、普通は違うのです。

人間関係を良好に保ちたいのであれば、相手の普通を理解して、相手にあわせてコミュニケーションをとることです。

相手との違いを受け容れることによって、互いが互いを気遣うことができ、相互理解が進みます。
相互理解できれば、人間関係は悪くなりません。

違いがあることを受け容れ、相互理解して、互いに相手を尊重したコミュニケーションをとるようになれば、退職者は激減するはずです。

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。