EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【青脳】ただ単に「顔を見せに来る」だけは許せない

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。

geralt / Pixabay

営業研修などで「とにかくお客様のところへ行け。用がなくても顔を出すことに意味がある」なんて言われたことはありませんか?

これ、言われたとおりに実施しても、相手が青脳顕性のお客様だと全くの逆効果です。

 

青(分析型)脳は、合理的思考を好み、無駄がとにかく大嫌いです。

営業担当者と会ったとき、その営業と話をしたことで何か得るものが無ければ、その時間は無駄でしかなく、「俺の時間を奪いやがって! 時間泥棒!俺の貴重な時間を返せ!」と感じてしまう傾向があります。

もし、「顔を見せに来ただけ」ならば青脳的にはどうにも受け容れることが出来ません。

逆に、仮に購入にまで至らずとも、「この営業マンと話をして有意義であった」と感じることが出来れば、何かあったときに思いだしてもらえる可能性が上がりますし、何かあれば最初に情報提供をしてもらえることになります。

 

また、青脳は雑談を嫌います。

無駄な時間と感じるのです。

青脳相手なら最初から本題に入ると喜ばれます。

 

青相手の営業訪問は、「この営業マンと話をして良かった」と思うようなメリットを与えねばなりません。

マーケットの状況についての情報であったり、業界のトレンド、競合他社に関する情報など、常に何かを持って行く必要があることを頭に置いておきましょう。

無駄なく、ポイントをしっかり伝えることで、信頼を勝ち得ることができます。

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。