EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【黄脳】いつもと同じは嫌

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。

geralt / Pixabay

どんな脳を相手にしても、接触頻度を増やすことが営業成績向上の近道であることは間違いありません。

ただし、ただ単に接触すればよいというものではなく、どんなコミュニケーションを取るか?に着目しないと次のアポイントが取れなくなります。

 

黄脳(コンセプト型)脳はいつもと違う事、他と違う事、新しい事、非日常が大好きです。逆に、いつもと同じ事、他と同じ事、伝統的なやり方、日常はあまり興味が湧きません。

営業マンによる定期的な訪問は、「自分でなくても良いのでは?」と感じたり、当日が近づくと「約束しなければ良かった」と感じたりする傾向があります。

この黄脳はサプライズが大好きなので、「この人と会えば何か新しい驚きがある」と感じてもらえるならば、定期訪問も楽しみに変わります。

 

黄脳とのアポイントには、必ず「何か新しいもの」を用意しておきましょう。

新商品(サービス)の紹介、会社の新体勢、マーケットの最新情報等々で構いません。

サプライズは必ずしもビジネスに関連させておく必要はありません。

黄色に響く驚き、楽しさであればすんなりと受け容れてくれます。

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。