EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【自己主張性】じっくり? or 今すぐ?

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。

geralt / Pixabay

お客様との良好な関係を築きたいのであれば、お客様の行動特性を考慮して対応するとスムースです。

営業訪問をした場合でも、相手の特性がわかっているのであれば、相手にあわせた行動をとれば「この人と話をするのは心地よい」と感じてもらうことが出来ます。

逆に、相手と異なる行動特性で対応してしまうと、「なんだか話をしていて疲れる」と感じてしまうことがあり、次のアポイントを取り難くなることがあります。

 

自己主張性は、自分の意見を他人に受けいれて欲しいと感じるエネルギーあるいはその頻度を数値化しています。

左寄りは、自分の意見を相手に受けいれて欲しいとはそれほど強くは思っていません。何か新しい事に取り組む場合、失敗したくないという気持ちが強く、間違いが無いことを確認するまで取り組みたくないと感じる傾向があります。仕事を進める上では、自分のペースでゆっくりと確実に進めたいと感じる傾向があります。議論はあまり好きではありません。

右寄りは、自分の意見は相手も受け容れてくれるに違いないと思っていることが多く、とにかく直ぐに初めて、直ぐに結果を出したいというエネルギーを強く持っています。成果を得るためには議論することは厭わず、結果を早く得るために必要なプロセスと考える傾向があります。

これらの特徴を抑えると、営業訪問時にとるべき行動が異なってきます。

自己主張性左寄りのお客様なら

  • 行動ペースを常に抑える
  • なだめるように
  • 相手の意見を尋ねる
  • 相手がどう考えていても礼儀正しく接することを忘れずに
  • 課題があれば一旦持ちかえる

自己主張性右寄りのお客様なら

  • てきぱきと行動する
  • 意見の対立や活発な議論も許される
  • 自分の意見をはっきりと述べる
  • 相手の態度を見れば、考えている事がわかる
  • 課題が明らかになれば直ぐに行動する

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。