EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【思考特性の違い】好みの服装

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。

nastya_gepp / Pixabay

思考特性の違いは、服装の好みの違いを生みます。

普段着ている服装一つとっても、思考特性の違いが出ていることがよくあります。

 

青(分析型)思考が好む服装(ファッション)

青思考はコストパフォーマンスを重視する傾向があり、青顕性の人は、他人からどう見られるかもそれほど気にしないという人も多く、ファッションには興味がないと断言する人も珍しくありません。

日本のブランド言えば、ユニクロのようなリーズナブルでも、「お値段以上の価値」を提供してくれると感じるブランドを好む傾向があります。

最悪、1シーズンで切れなくなったとしても、コストパフォーマンス的にOKと判断すれば構いません。

緑(構造型)思考が好む服装(ファッション)

緑施行はオーソドックスな、奇をてらうことのないファッション、ベーシックで、トラディショナルなブランドを好む傾向があります。

ファストファッションよりも少し高価な価格帯のブランドを好む傾向があり、数シーズンは着回しておきたいと考える傾向があります。

赤(社交型)思考が好む服装(ファッション)

赤思考は他人からどう見られるか?を気にする傾向があるので、ファッショナブルな服装を好む傾向があります。

かならず、シーズンで流行っているものを1着は買うという人が多く、ブランドにも敏感です。

ショップ店員さんが薦めてくれたコーディネートをそのまま購入するという人も珍しくありません。

黄(コンセプト型)思考が好む服装(ファッション)

黄思考はカラフルなものを好む傾向があります。また、多くの場合自宅に帰ると「どうしてこんな服を買ってしまったのだろう?(絶対に着ないと思うけど)」という服が一着以上、クローゼットに入っていたりします。

街を歩いていて、「おっ!これいい!!」と奇抜なものに心を奪われてしまい、つい買ってしまうのですで、冷静に見ると奇抜すぎて着るのに勇気がいるということも。

もちろん、奇抜な格好をこのむ黄色も珍しくないので、ラジカルなファッションを好む人は黄色顕性である可能性は高いでしょう。

 

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。