EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【青脳】雑談から入る営業マンは来なくて良い

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。

geralt / Pixabay

青(分析型)思考は合理的思考で、無駄が嫌いです。

営業マンが「暑いですね~。この前の休みはいかがでしたか?・・・」と本論と関係の無い雑談から入ると、青脳をかなりイライラさせることになります。

青脳にとっては、こうした雑談が「無駄」であるからです。

無駄な雑談の多い営業マンは青(分析型)脳から信用されません。

 

青(分析型)脳を相手として営業する場合は、いきなり本題からが好まれます。

回りくどいことはなしに、まずは結論から。

何か買って欲しい商品やサービスがあるのなら、これを買うべきだ。なぜなら・・・・と結論の後に理由を述べます。

「あなたにとって○○なメリットがある」「○○だからこそあなたに必要だ」「無駄がなくなる」「生産性が上がる」といった理由を明確に、できれば数字を使って説明できるとなお良いでしょう。

 

結論を最初に言わないと、話を聞いてくれない可能性もあります。

理由がわからないことは、全く受け容れてもらえません。

 

青(分析型)脳にとって、わからないことがあれば、おそらくは次のような質問が返ってきます。

  • で?(結論は?)
  • ポイントは何?
  • その理由は?

これらに適切に回答できなければ、青(分析型)の信用を得ることは出来ず、商談は進まなくなる可能性が高いと言えます。

逆に、これらに適切に回答できれば、商談が深いところまで進行することになります。

 

青(分析型)の場合は次のような条件が揃えば、「購入」するという決断に至る可能性が上がります。

  • 合理性、論理性、目的が明らかであること
  • その商品やサービスの購入が、払った費用に対してお得であると判断できること
  • 購入後、どんな成果・効果を得られるかが想定できること

 

また、営業マンと会って話をした時間で、何か得るものがなかったと感じられないと、この営業マンはダメな営業マンで、今後も会う価値はないと考える傾向があり、以後のアポイントは取り難くなります。

購入するという結論に至らずとも、「この人との会談には価値があった」と感じることが出来れば、今後のアポイントも問題なくとれるでしょうし、また会いたいと言われることも有り得ます。

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。