EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【緑脳】新商品の導入には慎重

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。

ArtsyBee / Pixabay

緑(構造型)思考は予測出来る未来を好みますが、予測出来ない未来を避けたいと考えます。

過去に成功した体験をできれば踏襲したいと考え、いままでの経験がないことは、できれば避けたいのです。

そのため、営業マンが「この商品(サービス)が新しいので良いですよ!」と言ってきても、その商品(サービス)の購入によってより良き未来が来ると「経験から」想像できないと、簡単には購入の意思決定はできません。

 

緑脳は、未経験のこと、新しい事を始めることには慎重です。

緑顕性で、且つ、柔軟性が左寄りだったりすれば、簡単には受け容れてもらえません。

受け容れることが「できない」わけではなく、受け容れるのに「時間がかかる」ので、じっくり、ゆっくりと納得してもらわねばなりません。

 

緑脳に納得してもらうためには、次のようなアプローチが良いでしょう

  • 過去の実績を詳細に記した資料を用意する
  • 商品(サービス)を購入するプロセス、購入後のプロセス、購入によってどうなるのか(ゴール)を明確に書面で示しておく
  • 何度も何度も、長期間にわたって、ゆっくり、じっくりとご提案する

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。