EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【柔軟性】それ、今決めないとダメ?

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。

geralt / Pixabay

柔軟性は異なる考えや状況を受け容れようとするエネルギーです。

柔軟性左寄りは変化が必要であっても、できれば現状維持を望みます。いわば、変わりたくないというエネルギーは大きい。

柔軟性右寄りは変化が必要であれば、それを受け容れ、変化してしまう傾向があります。言い換えると、変わりたくないというエネルギーは少ない。

 

柔軟性左寄りの上司は、物事が定まった状態であることを好みます。

したがって、何かの相談をすれば、早期に結論をだしてくれる傾向があります。

 

柔軟性右寄りの上司は、様々なオプションをとることが出来る状態を好みます。

そのため、何かを決めるのはできるだけ先にしたいと考える傾向があります

 

部下から見ると、柔軟性左寄りの上司は決断が早い上司と見え、柔軟性右寄りの上司は優柔不断な上司と見えるかもしれません。

柔軟性左寄りの上司は、一度決めれば揺るがないので、頑固な上司に見えるかもしれません。

これらは「見える」だけで、事実はどうなのかはわかりません。

 

この「見えている」だけであることを忘れないでください。

方針を早い決めても、環境の変化で方針を変更する必要に迫られることがあります。

左寄りの上司は、そうした変更を避けようとする傾向が強いので、変化に対応できないかもしれません。

右寄りの上司は、変化を受け容れようとするあまり、最初に決めたことをないがしろにしてしまうかもしれません。

どちらが良いとか、悪いということはありません。

皆が様々な特性、強みを持ち寄って集まっているからこそ、素晴らしいチームになるのです。

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。