EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【青脳】ギリギリに言われるのは嫌

青脳(分析型)は合理的思考で無駄を嫌います。

この特性のため、ギリギリのタイミングで依頼される仕事を非常に嫌います。

ギリギリのタイミングでは、効率良く完遂することが難しいためです。

青脳は一日の仕事をする上でも、無駄なことはしたくありません。

もっとも効率の良いやり方をしようとします。

そのためには、効率の良い仕事の手順、順番、時間割り、移動経路等を考えます。

 

予め予告してくれたことであれば、予め効率良く進める段取りを組んでいますが、急であるが故にその段取りが崩れてしまい、効率が悪くなるのを避けて欲しいと考えます。

次のアクションに入ろうとしていたところに割り込みで仕事が入り、それが急を要するという場合、予定の変更によって様々な非効率が発生します。

この非効率がとても嫌なのです。

 

青脳(分析型)への仕事の依頼は、できるだけ余裕を持って行う事をお勧めします。

余裕を持って依頼すると、非常に効率良く、確実に実行してくれるはずです。

ギリギリのタイミングで依頼すると、かなり嫌がられるということは知っておいてください

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。