EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【自己主張性の違い】もめるぐらいなら・・・ or ガンガンいこうぜ!

自己主張性は相手に自分の考えや意見を受けいれて欲しいと考える頻度またはエネルギーです。

自己主張性左寄りは、異なる意見をもっていたとしても「もめるぐらいなら言わないでおこう」と考えることが多く、平和的であることを好みます。

自己主張性右寄りは、「自分がよいと思っていることは他人にとっても良いことであるに違いない」と考えているので、活発に議論を戦わせてより良き方向へ導きたいと考えます。

rihaij / Pixabay

自己主張性左寄りは争い事を好まず、和を求める傾向があります。

また、間違いなく、自分のペースで丁寧に仕事をすることを好みます。

和を乱す人やせっかちな人ではなく、穏やかでゆっくりした人に対して信頼を寄せます。

友好的な態度を示し、チームのコンセンサスを重視する人や、穏やかにいさかいを仲介する人を信頼する傾向があります。

 

自己主張性右寄りは、問題解決はできるだけ早くするほうがよいと考えています。

たとえ失敗しても、早く初め、後から直す方がよいと考えている傾向があります。

そのため、回りくどい言い方をする人を好まず、直接的な反応を受けいれてくれる人を信頼する傾向があります。

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。