EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【緑脳】変化にはプロセス

構造型(緑脳)は予測出来る未来を好み、予測出来ない未来を避けたいと考えます。

未経験の事については未来を予測することが難しいため、好んで取り組みたいとは思いません。

具象脳であるため、漠然とした未来を描くことは得意ではなく、予測出来る具体的な未来像に至る具体的なプロセスが気になります。

Wokandapix / Pixabay

緑思考にとっては、新しい「変化」にはこの「プロセス」が重要です。

いつまでに、具体的に、何をすることで、どんな状態になるのか?が見えることが変化に必要です。

漠然とした未来像に向けて変化をするように言われることはストレスに感じ、強く反発することがあります。

 

プロセスを考えるためには、詳細な情報が必要であり、そのプロセスは明確なルールやガイドラインを求める傾向があります。

会社の方針として「変化が必要」と言われると、ルールとして変化しなくてはならないとは考えます。

しかし、具体的にどうすればよいのか?について考えることはあまり得意ではありません。

逆に、具体的にやるべきことを指示されれば、反抗することなく愚直に指示に従うことを得意としています。

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。

 

 

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。