EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【思考特性の違い】どんな風に話をして欲しいか?

エマジェネティックス®によって示される思考特性は、その人が好む考え方、ついやってしまう思考パターン、得意なことがわかります。

思考特性の違いによって、人から話を聞くときに重視している内容、あるいは、どんな話し方をして欲しいか?は異なります。

Anemone123 / Pixabay

 

青思考はこう話して欲しい

  • 鍵となる事実だけ
  • 詳細は不要(必要があれば私から質問します)
  • 素早く・簡潔に

緑思考はこう話して欲しい

  • 事実を全て
  • 整理して
  • 時間の許す限り

赤思考はこう話して欲しい

  • 誰が?
  • 誰に?
  • 感情、感覚を付け加えて
  • そこに至るストーリーを聞かせて

黄思考はこう話して欲しい

  • 映像を切り取って
  • 大枠だけ(概要だけ)
  • たとえば?

 

相手のプロファイルを理解して、上記のポイントを押さえて話をすれば、コミュニケーションはスムースになります。

特に、上司や部下のプロファイルを理解して、上記に気をつけると、その成果を如実に感じることが出来るでしょう。

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。