EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【自己表現性の違い】リーダーとしての強み

エマジェネティックス®にて示される特性によって、自分のリーダーとしての強みをどのように捉えているか?は異なります。

それは、特性によって好むリーダーシップスタイルが異なるからであり、人は誰もが自分が好むリーダーシップ像を理想として行動しようとし、誰もが「良かれと思って」行動しているからです。

aitoff / Pixabay

自己表現性は「自分の感情や意見を世界に対して発信したいエネルギー」であり、「人と関わり合いたいエネルギー」です。

リーダーの自己表現性が異なれば、これらのエネルギーの違いがあるので、そのリーダー自身が感じている自分のリーダーとしての強みは、特性によって異なります。

 

自己表現性左寄りのリーダーが感じる自分のリーダーとしての強み

  • 静か
  • 穏やか
  • 落ち着いている
  • 柔らかな発言
  • 人の発言をよく聞く

自己表現性右寄りのリーダーが感じる自分のリーダーとしての強み

  • 社交的
  • 動き回る
  • 常に会話に参加している
  • 情報を常に共有している

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。