EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【思考特性の違い】こんな状況や環境は嫌い(イライラする)

エマジェネティックス®にて示される特性によって、嫌いなこと、嫌なこと、イライラすることが異なります。

それは、特性によって好むスタイルが異なるからです。

普通が違うことによって、相手が嫌がることをやっていないか?よくよく考えて行動する必要があります。

MichaelGaida / Pixabay

 

分析型(青脳)顕性が嫌なこと

  • 目的が不明確であること
  • ゴールが不明瞭であること
  • 実証データがないこと

構造型(緑脳)顕性が嫌なこと

  • 計画やガイドラインがないこと
  • ゴールへの道筋(プロセス)が不明確であること

社交型(赤脳)顕性が嫌なこと

  • 人にどのような影響を与えるかが見えないこと
  • 他人とつながることが出来ないこと
  • ゴールへの道筋について意見交換ができないこと

コンセプト型(黄脳)顕性が嫌なこと

  • 大きな絵が見えないこと
  • ゴールに向けた制約・制限があること

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。