EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

アソシエイトの種類

「認定アソシエイトと、EGIJ認定アソシエイトって、何がどう違うんですか?」という質問をよく頂戴します。

より深く正しい知識を身に付けいただくことが、エマジェネティックス®を活用する上で非常に重要なポイントです。

正しい知識を身に付けていただくことで、エマジェネティックス インターナショナル ジャパン(株式会社EGIJ)は、次のような資格制度を運営しています。

Pacholek-cz / Pixabay

資格の種類 主な資格付与条件 主だった許可される事項
アソシエイト 認定アソシエイト育成コースを修了すること 自身が取得したプロファイルの閲覧
認定アソシエイト 認定アソシエイト育成コースを修了し、且つ、修了から90日以内に指定された課題に取り組み、合格すること 自身が所属する企業の社員とその家族のプロファイルの取得
自身が所属する企業の社員とその家族を対象としたEGセミナー(MOTM)の講師
EGIJ認定アソシエイト 認定アソシエイト資格所有者が「EGIJ認定アソシエイト資格試験」に合格すること 自身が所属する企業以外の人のプロファイル取得
自身が所属する企業以外の方を対象としたEGセミナー(MOTM)の開催
上記を有料にて提供すること
マスターアソシエイト 米国EGIJからの招待を受け、2年のトレーニングを完遂、合格すること 各種アソシエイト資格の付与(合否判定)
認定アソシエイト育成コースの開催

社長が認定アソシエイト資格を取得されることで、いつでもエマジェネティックス®プロファイルを取得することが可能となるだけでなく、エマジェネティックス®についての正しい知識を得ることができることから、社内での有効活用につながります。

EGIJ認定アソシエイト資格は、エマジェネティックス®を自社のビジネスとして活用したい方のための資格です。

マスターアソシエイト資格は残念ながら米国から「マスターアソシエイトになる気は無いか?」というインビテーション(招待)がなければ、資格取得のためのプロセスに進むこともできません。

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。