EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【青脳】に話すときは・・・

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。

思考特性が異なると、何を聞きたい、知りたいと思うかが異なります。

報連相を行う場合、上司の特性を理解し、上司が求める報告の仕方をすると仕事がスムースに進みます。

ElisaRiva / Pixabay

青(分析型)思考が話し相手に求めていること

青思考は合理的思考で、なぜ?が気になり、無駄が嫌いな思考です。

青脳は話し相手に対して次のように考えている事があります。

  • 遠回しな言い方をしないで!
  • で、結論は何?
  • コストがどの程度かかり、どんな利益を得ることが出来るか教えて下さい
  • 要点だけ話して下さい
  • もし、詳細でわからないことがあれば、こちらから質問します

これらを意識して話をして上げると、非常にコミュニケーションがスムースになります。

青(分析型)思考顕性に話すときは・・・

相手が上司であるなら、以下のように話をしましょう

  • 結論から話をする
  • 理由を説明する
  • 要点だけ話す(詳細は質問されてから答えればよい)

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。