EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【緑思考あるある】どんな職場環境を好むか

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。

思考特性が異なると、職場環境についての好みも大きく異なります。

緑(構造型)思考が好む職場環境

緑思考は予測出来る未来を好む思考で、予測出来る未来を避けたい思考です。

職場環境においては、オーソドックスであることを求めます。

  • 照明は明るく
  • 壁は白やグレーを基調とすることが望ましい
  • 過去に必要であったものは破棄せずに万が一に備えて保持しておきたい
  • 文具の在庫は余分に持っておきたい
  • 決められた場所に決められたものが置いている
  • 家具は一般的なオフィス家具(事務机)がオーソドックスでよい
  • 座席が決まっている(職階・序列に応じた場所)

緑(構造型)思考がストレスを感じる職場環境

逆に次のような環境で仕事をすることは好みません。

  • 照明が暗い
  • カラフルな壁
  • 仕事に関係のないものがあちこちに置いている
  • 文具の在庫がない
  • 決められた所に決められた物が置かれていない
  • スツール、ソファ、カウチ 等、一般的な事務机とは異なる家具(それはオフィスではないと感じる)
  • フリーアドレス

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。