EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

エマジェネティックス®の認定アソシエイトへの道

エマジェネティックス®には、「認定アソシエイト」制度があります。

「認定アソシエイト」資格を取得すると、社内でエマジェネティックス®のセミナーを自らが講師として開催することが出来るようになります。

社外の人を対象としたセミナーを開催するには「EGIJ認定アソシエイト」資格を取得する必要があります。

3dman_eu / Pixabay

認定アソシエイト資格は、次のような手順でセミナーを受講し、テストに合格する必要があります。

1.MOTM 5時間コース(初級EGセミナー)を受講

2.MOTM 8時間コース(中級EGセミナー)を受講

3.認定アソシエイト育成コース(3日間)を受講

4.レポート2枚の提出

5.自社の社員向けにMOTM 5時間コース を講師として開催&合格

 

1.MOTM 5時間コース(初級EGセミナー)を受講

MOTM 5時間コースは、最も基本となるエマジェネティックス®の研修です。

エマジェネティックス®とは何か?がわかる研修です。

 

2.MOTM 8時間コース(中級EGセミナー)を受講

MOTM 8時間コースは、エマジェネティックス®の基礎をより深く学ぶための研修です

5時間コース(初級EGセミナー)を受講した方が「解ったつもりになっていたことが解った」「EGの深さがわかった」「間違った使い方をしていたことが解った」など、8時間コースの受講後の感想をおっしゃいます。

エマジェネティックス®はシンプルであるが故に奥が深いことがよくわかります。

 

3.認定アソシエイト育成コース(3日間)を受講

3日間の合宿型研修です。

エマジェネティックス®の講師を育成するためのカリキュラムがびっちりと組まれています。

エマジェネティックス®について、より深いところまで学ぶとともに、MOTM研修を講師として行うために要求される様々な知識、ファシリテーションの進め方などを学びます。

 

4.レポート2枚の提出

身近な方2名を選出頂き、その方のプロファイルを取得したのち、ご本人にカウンセリングを実施頂きます。

プロファイルについて分析した内容、並びにカウンセリング内容をレポートにまとめ、提出する必要があります。

提出されたレポートは「マスターアソシエイト」が添削をし、訂正指示を得ることになります。

マスターアソシエイトより、「合格」の判定を得るまで何度も書き直しをしなくてはならず、最終的には「認定アソシエイト育成コース」終了から1ヶ月以内にマスターアソシエイトから「完成した」と宣言される必要があります。

 

5.自社の社員向けにMOTM 5時間コース を講師として開催&合格

自社の社員を受講生として、自らが講師となってMOTM 5時間コースを開催いただきます。

セミナー開催時には、EGIJのスタッフが立会をさせていただき、セミナーのフォローをさせて頂きます。

セミナーはビデオ撮影され、マスターアソシエイトがその内容をチェック、EGの理解度とファシリテーションスキルを判断します。

社会講師としてのスキルがあるとマスターアソシエイトに認定されると、「認定アソシエイト」資格が付与されることになります。

 

講師としての経験を積むだけでも、エマジェネティックス®に関する知識レベルは劇的に向上します。

たとえ、社内で自分が研修の講師をするわけでなくても、深い知識を身に付けることにつながります。

資格取得を目指すことで、知識レベルが格段にあがります。

エマジェネティックス®を活用する上でも非常に有益ですので、是非挑戦してください。