EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【黄思考】当てにならない

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。

黄(コンセプト型)思考は根拠なく未来が見える思考であり、常に大きなビジョンを描いています。

未来やビジョンは「映像」で浮かんでくるもので、言葉では表現しにくいことも珍しくありません。

黄顕性であると、次から次へと新しい画像が頭に浮かんできます。

asderknaster / Pixabay

 

黄(コンセプト型)思考顕性が気をつけるべきこと

ゴールが見えるのが当たり前と考えてはいけません。

黄潜性は「よくわからないけれどゴールは○○になる」とは思えないのです。

ゴールの共有が出来ていない人からすると、「当てにならない」人と見えることがあること知っておきましょう。

ただし、浮かんできた映像を丁寧に言葉で説明したり、絵に描いて説明することで理解してもらえることが増えます。

ただ、その説明スピードが、次から次へと頭に浮かんでくる内容に追いつかないことも多いので、話が飛び飛びになることがあります。

順序立てて、整理しながら説明することを心がけましょう。

 

黄(コンセプト型)潜性が気をつけること

黄顕性は大きなビジョンを描き出すことを得意としています。

常に新しいアイディが浮かび、最も大きなビジョン達成にワクワクしてしまいます。

映像で考えているため、言葉で表現することを得意としていません。

抽象脳であるため、詳細がごっそり抜け落ちていることも珍しくありません。

あまりにも、非常識で、ゴールまでの道筋が見えないのに即座に結論を出す黄脳を見ると「当てにならない」と感じるかもしれません。

しかし、後からその映像が理解できると、あの時言っていたのはこういうことか!と納得できることも珍しくありません。

自分の脳が黄色いビジョンを受け容れることが出来なければ、黄脳の特徴を考えること。

それでも受け容れることが出来なければ、自分の脳に分かり易く説明して欲しいと伝えましょう。

黄脳はそれだけで手を変え品を変え伝えようとしてくれるでしょう。

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。