EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【黄色思考あるある】遅刻の理由

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。

黄(コンセプト型)思考は大きなビジョンや遠い未来を思い描くことを得意としている思考であり、細かい事は気にならないことが多い思考です。

9:00開始のセミナーであれば、8:30~9:30が9:00だと考えることもあり、15分遅刻して、9:15頃に到着したとしても、「何事もなかったかのように」空いている座席に座ることも珍しくありません。

insspirito / Pixabay

黄色脳がセミナーで遅刻をしている場合は、この時間感覚で遅刻と考えていないことが原因であることは珍しくありません。

セミナーの開始5分前に会場に来ていなかった際に、携帯電話に電話をかけると「もうすぐ着く!」と怒られることが多いです。

本人は遅刻しているとは思っていないのです。

 

また、黄色脳は次から次へと様々なアイディア、考えが浮かび、興味の対象がどんどん移り変わっていきます。

新しい考え方が頭に浮かぶと、その直前に考えいたことを忘れてしまうことも多いという傾向があります。

そのため、8:00に自宅を出ようと、7:55まで考えていても、7:56に目に付いたニュースで新たなアイディアが頭に浮かび、8:00に自宅を出ようと考えていたことを忘れてしまうことがあります。

8:10頃になって、「あっ!忘れてた!!」となるのです。

 

これらの理由から、私達が主催するセミナーにおいては、黄色脳については開始時刻から15分経過するまで、会場に姿を見せなくても電話をかけることはしないようにしています。

しかし、15分を過ぎると電話をかけることにします。

その場合、完全に忘れていたり、開始時刻を完全に間違えていることは珍しくありません。

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。