EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【自己主張性右寄りは・・・】自分の意見を通さないと気が済まないんでしょ?

エマジェネティックス®研修を受講され、各特性について学んでいく中で、どうしても自分にとって潜性である特性については、正しく理解することが難しく、様々な誤解があります。

例えば、自己主張性左寄りの人が、自己主張性右寄りの説明に記載している「自分の意見を通したい」「主導したい」という記述を見て、「自己主張性右寄りは自分の意見を通さないと気が済まないんでしょ」と誤解する人がいます。

geralt / Pixabay

自己主張性は「自分の考えを他人に受けいれて欲しいと思う頻度とエネルギー」です。

右寄りは意見があるなら、たとえ衝突があっても意見を言うべきと考えています。

意見をぶつけて議論をすることにためらいはありません。

納得しないと自分の意見を通したいと思いますが、議論になった末納得すれば意見を変更したり他人の意見を受け容れることに躊躇はありません。

 

しかし、納得するための議論を見ていると、「意見を受け容れたくない」と勘違いすることがあるのです。

自己主張性右寄りは、議論することが重要ですが、「何が何でも自分の意見を通さないと気が済まない」というわけではありません。

 

もちろん、柔軟性左寄りで、なかなか他人の意見を受け容れたいとは思わないという人もいますが、それは自己主張性とは異なる特性です。

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。