EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【柔軟性左寄りは・・・・】自分の意見を持っているんでしょ?

エマジェネティックス®研修を受講され、各特性について学んでいく中で、どうしても自分にとって潜性である特性については、正しく理解することが難しく、様々な誤解があります。

例えば、柔軟性右寄りの人が、柔軟性左寄りの説明に記載している「自分の意見をもっている」という記述を見て、「自分の意見を持っているんでしょ?」と誤解する人がいます。

84264 / Pixabay

「自分の意見をもっている」という記述は「自分の意見をもっている」ように見えるという意味であって、必ずしても意見が明確であるとは限りません。

また、柔軟性右寄りであっても、自分の意見をもっていることは多いはずです。

 

柔軟性は「異なる状況、意見、考えを受け容れようとするエネルギー」です。

変化を強いられた際に、左寄りは「可能であれば変化を受け容れたくない」と考えることが多く、右寄りは「積極的に受け容れよう」と考えることが多いと言えます。

異なる言い方をすると、左寄りは「現状維持できるのであれば現状維持をしていきたい」「決めたことがあるならそれを守り通したい」と考えることが多く、右寄りは「どんどん変化して何が悪いの?」と考えることが多いと言えます。

 

この「決めたことがあるならそれを守り通したい」という特性を見た時に、まるで「自分の意見を持っているんでしょ?」と見えてしまうのです。

 

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。