EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【柔軟性右寄りは・・・】柔軟に変更できるんでしょ?

エマジェネティックス®研修を受講され、各特性について学んでいく中で、どうしても自分にとって潜性である特性については、正しく理解することが難しく、様々な誤解があります。

例えば、柔軟性左寄りの人が、柔軟性右寄りの説明に記載している「変化を歓迎する」という記述を見て、柔軟性右寄りは「柔軟に変更できるんでしょ?」と誤解する人がいます。

geralt / Pixabay

エマジェネティックス®は能力は測定していません。

好みや傾向を測定しているだけです。

柔軟性とは、異なる「異なる考えや状況、⾏動を受け容れようとするエネルギー」であって、「柔軟に対応出来る力」ではありません。

柔軟性左寄りでも、柔軟に対応出来ますし、右寄りだから「できる」とは限りません。

変化を受け容れたくないか、受け容れたいかという気持ちが違うだけであって、できるかできないかはわかりません。

 

こんなことをよくお聞きします。

「私には柔軟性がないので、なんとかしないと思うんです」

これは大きな誤解です。

 

エマジェネティックス®の特性に「ない」ものはありません。

誰しも全ての特性をもっています。

誰もが柔軟性をもっているのです。

 

柔軟性左寄りは、変化に対して慎重ですが、決めたことをやり通したいという気持ちを強く持つことが多いです。

逆に右寄りは変化を歓迎しますが、決めたことをやり通したいという気持ちはぐらつくことが多いです。

 

たしかに、何かの変化があった時に、右寄りの人の方がストレス無くその変化を受け容れますが、変えなくて良いことまで変えたくなることがあります。

左寄りは変化を受け容れることに抵抗を感じるかもしれませんが、変えてはいけないところを守り切ろうとすることがあります。

 

また、柔軟性右寄りが変化を受け容れたいと思っても、上手に変化に対応出来るかどうかは別問題です。

先に述べた通り、変化を受け容れる力は測定されていませんから、できるかどうかはわかりません。

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。