EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【4色顕性は・・・】最強でしょ?

エマジェネティックス®研修を受講され、各特性について学んでいく中で、どうしても自分にとって潜性である特性については、正しく理解することが難しく、様々な誤解があります。

例えば、単色顕性(シングルプロファイル)の人が、4色顕性のプロファイル(クワトロプロファイル)を見て、「4色顕性は最強のプロファイルですよね?私も○色を増やさないと!」とおっしゃる方がいらっしゃいます。

Fifaliana / Pixabay

エマジェネティックス®研修では全てのプロファイルは完璧であるとお伝えしています。

しかし、顕性であることが良いことであるように誤解される人がいらっしゃいます。

 

まず、顕性であることが常に良いことであるとは言えません。

青顕性であれば理由がわからないと動きたくありません。青潜性であれば直ぐに動いたりします。

緑潜性でああれば、ガイドラインがないと不安になります。緑潜性であればとりあえずやってみようと動いたりします。

赤顕性であれば、人の気持ちに配慮して言いにくいことを言い出せないということがあります。赤潜性であれば気持ちに関わらず、だめな物はダメと言えます。

黄顕性であれば、いつもと同じ事を繰り返すことはあまり好みません。黄潜性であればいつもとも同じでも同じようにコツコツ進めようとしたりします。

 

どの特性も強みと弱点があります。

4色顕性であれば、何かものごとを決める時も、迷うことが多く、素早い決定を苦手としています。

ですが、シングルプロファイルは、それほど迷いません。

 

どちらが良いか??とは一概には言えません。

4色顕性ならば、迷うことが多い代わりに、異なる思考で練り上げられた結論を導き出すことも多いという特徴があります。

また、様々な特性の言っていることについて同じように気になりますし、理解が容易です。

シングルプロファイルは結論を出すのは早くても、異なる視点が欠けていることで問題になることも有り得ます。

 

エマジェネティックス®のプロファイルに最強のものはありません。

どのプロファイルも完璧であり、どの特性にも強みと弱みがあります。

重要なことは強みを活かすことです。

自分の強みに着目して弱点を克服すればよいだけで、このプロファイルがよいとか悪いというものはありません。

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。