EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【柔軟性左寄りあるある】物事が決まるとパワーが出てくる

エマジェネティックス®プロファイルによって示される行動特性の違いは、職場で大きなストレスを生むことがあります。

コミュニケーションの問題の多くは、人の目に見える行動によって引き起こされています。

行動特性を押さえることが、最も早くコミュニケーションをよくするコツです。

Chillsoffear / Pixabay

柔軟性は「異なる状況や意見を受け容れようとするエネルギー」です。

柔軟性左寄りは、異なる状況や意見を受け容れるのに時間がかかる傾向があります。

曖昧な状況を好まず、決めたことを維持することを心地よいと感じます。

 

そのため、社内で何らかの案件を検討していたとき、様々な意見が出たとしても、何か一つでも決まったことがないと心が落ち着きません。

あいまいな状態が続くと、どんどんエネルギーが失われていきます。

逆にぶれることがあってはならない方針が決まると、決まったことをやり続けようというエネルギーが沸々と湧いてきます。

 

物事を進めるのには、この柔軟性左寄りの特徴が有効です。

何か一つ決めれば、次にまた決めたいと考えます。

決めようとするエネルギーは大きく、プロジェクトが進行していくのです。

 

ただし、一度決めたことを変更する事には抵抗を感じます。

何か決まったとしても、状況は変化します。

変化が必要となった場合、その変化を受け容れるのにストレスがかかることは理解しておき、丁寧な説明と受け容れるための時間を確保すると良いでしょう。

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。