EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【思考特性の違い】メモの取り方

エマジェネティックス®にて示される特性によって、好みのスタイルが異なります。

場合によってはそんなやり方はだめだろう!と他の特性を見るとマイナス評価をすることがあります。

StockSnap / Pixabay

 

 

分析型(青脳)顕性のメモ

  • 無駄は嫌なので、ポイントだけ
  • 漢字が多い
  • 理由を書いていることが多い
  • 結論を飛ばすこともある

構造型(緑脳)顕性のメモ

  • メモを取るノートを用意し、全てそのノートに書くことを好む
  • 罫線のあるノートを好む
  • 罫線のとおりに記載することが多い
  • 5W1Hが書かれていることが多い
  • できるだけたくさんのことをメモしておきたい
  • 後から、見直すといつでも確認できる

社交型(赤脳)顕性のメモ

  • 人に覚えてもらうことも多い
  • 感情を書くことが多い
  • 誰が?を書いていることが多い

コンセプト型(黄脳)顕性のメモ

  • あまりとらない
  • 記号が多く、3日間は何を書いたかわかるが、2週間後に見ると自分でも何を書いたか解らないことがある
  • 罫線は不要、あっても無視して自由に書くことが多い
  • 白紙・方眼紙のメモが好き
  • 何にでもメモするが、メモそのものを紛失することが多い

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。