EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【思考特性の違い】管理・経営 手法(Management Approach)

エマジェネティックス®にて示される特性によって、管理・経営手法のスタイルは異なります。

それは、各特性によって重視するポイントが異なるからです。

geralt / Pixabay

分析型(青脳)が好む管理・経営 手法(Management Approach)は「専門的・技術的」

  • 合理的思考を行う分析型脳は、何をするのにも最も合理的な方法を選ぶことを好みます。
  • 論理的に正しい手法、理論を選択することで最短時間で最大効果をえら得ると考えるため、専門的・技術的な手法を選択することが多く、自身もそうした専門的・技術的手法を学ぼうとします

構造型(緑脳)が好む管理・経営 手法(Management Approach)は「慣習的」

  • 過去の成功体験を踏襲したいと考える構造型脳は、過去にどんな方法を選択してきたのか?を踏襲したいと考える傾向があります。
  • 前任者がどうしていたか、過去にはこのようにしていたということを選択することが多く、それらの内容を詳細に記憶していることも珍しくありません。

社交型(赤脳)が好む管理・経営 手法(Management Approach)は「人間中心主義」

  • 人の気持ちを重視する社交型脳は、何をする時でも人の気持ちがどうなるのか、その人との関係性を良好に保ちたいと考えます。
  • 合理的手法、技術には全く頓着せずに、何をすれば、どのように発言すれば相手がどう考え、どのように感じるか?を常に意識して行動することが多いです。

コンセプト型(黄脳)が好む管理・経営 手法(Management Approach)は「色々と試す」

  • 次から次へとアイディアが浮かび、興味の対象が移っていくコンセプト型脳は、次々と思いつくアイディアをやってみたくて仕方が無くなります。
  • たとえ、論理的・合理的に考えて成功しないと言われても、「やってみなくては解らない」と考えがちで、試したくて仕方が無くなるのです。

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。