EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

矛盾する特性が混在するプロファイルはどう解釈すればよいのですか?

エマジェネティックス®を研修を受講された方から戴く質問の中には、次のようなものがあります

「細かい事を気にしない黄色と、詳細が気になる緑の2つが混在しているプロファイルは矛楯していると思います」

「矛盾するプロファイルを持つ人のプロファイルを、どう解釈すれば良いのでしょうか?」

manfredrichter / Pixabay

この質問ですが、重要な事を見落としています。

それは「誰しも、全ての脳を持っていて、どんな特性も持っている」ということです。

 

例え、コンセプト型顕性であっても緑脳を持っていないわけではありません。

コンセプト型顕性で構造型が潜性であれば、詳細について気になる脳をあまりに使わないというだけで、持っていないというわけでも、絶対に使わないというわけではないのです。

 

当然、緑と黄の2色顕性という方もいらっしゃいます。

こうしたエマジェネティックス®で示される「対角」の色2色を顕性としている場合、矛盾するわけではなく、本人も「さっきまで考えていたことと、今考えていることがあまりにも異なり、戸惑うことがある」とか、「頭の中で片付けをしながら散らかしている感覚がある」とおっしゃったりします。

 

これらの思考は混在しているのです。

どんな人も様々な側面を持っています。

顕性であるということは、意識しなくても常にその脳を使っているとは言えますが、潜性である脳を使わないというわけではありません。

矛盾するのではなく、よく使うのか、意識しないと使わないのか?の違いだけなのです。

 

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。