EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

確固たる明確な強い意思を持っているとは限らない

エマジェネティックス®の資料を見ると、柔軟性左寄りの説明で「確固たる明確な強い意思を持っている」と記載されたものを見ることがあります。 ここだけを見ると、柔軟性左寄りは思慮深いと考える人がいますが、必ずしもそうではありません。 柔軟性左寄りは「確固たる明確な強い意思を持っている」ように見えるとは言えますが、本当に「確固たる意思を持っている」とは言い切れません。

3dman_eu / Pixabay

行動特性は、どのように行動することを好むか、どのように行動しがちか、どんな環境を好むか、他人からどう見えるか?を表しています。   柔軟性左寄りは、異なる状況や意見を受け容れることに抵抗、ストレスを感じる傾向があります。 物事が決まっていない状態よりも、何か定まっていることを好み、あいまいな状態よりも方針が決まっている状態の方がパワーが出る傾向があります。 早く決めた方がパワーが出てくるので、決断が早い傾向があります。、 変化をすることよりも現状を維持することを心地よいと感じることが多く、大切な物を守り続けることを好みます。     こうした特徴のある人は、他人からみれば「確固たる明確な強い意思を持っている」人に見えることでしょう。     同じ理屈で、柔軟性右寄りは「人当たりが良い」と見えることがあります。 これは柔軟性右寄りの次のような特性からそのように「見える」のです。   柔軟性右寄りは、異なる状況や意見を受け容れることを歓迎する傾向があります。 物事を決めずに様々なオプションが残っている状態を心地よいと感じる事が多く、できるだけ選択肢を残しておきたいので、決断が遅い傾向があります。 他人の意見があれば採り入れようとすることが多いので、「人当たりが良い」と見えるのです。     行動特性を正しく捉えることで、エマジェネティックス®を正しく活用できるようになります。 他人からどう見えるか?ということと、本人が本当にそんな人であるか?は異なることを覚えておいて下さい   エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。 日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。 そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。