EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【青思考あるある】理由がわからないことはやる気がでない

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。 青(分析型)思考は合理的な思考であり、無駄を嫌います。 そのため、仕事の依頼をうけてもその目的、理由がわからないと動きたくありません。 目的を達成できない仕事は無駄なので、どうしてもやりたくないと感じてしまうのです。

geralt / Pixabay

青(分析型)思考に仕事を依頼するときは・・・

その仕事の目的、理由を必ず伝えるとよいです。 なぜ、その仕事が必要なのか? なぜ、○○さんに依頼をしているのか? こうしたことを伝えることで、青脳のモチベーションが上がります。   逆に、そうしたことがわからないと、やる気が出ないことも多いです。 あるいは、「その仕事の目的は何ですか」と質問されることもあります。 青潜性の人がそんな質問をされると、「こいつは素直じゃない」「やる気がない奴はダメ」と感じてしまうこともあります。   理由や目的が明確になり、それを理解すると猛烈な勢いで、その目的達成ための最短コースを考えだすことが多いでしょう。 可能な限り無駄なく、最短の時間で目標を達成できるように考えることを好みます。   エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。 日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。 そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。