EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【緑思考あるある】やり方がわからないことは避けたい

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。 緑(構造型)思考は予測出来る未来を好み、予測出来ない未来を避けたいと考える思考です。 積み上げていく思考であるため、過去の体験を重視して判断することが多く、仕事の依頼をうけてもそのやり方、手順、ゴールの形が具体的で明確でないと不安を感じてできれば動きたくないと感じます。

geralt / Pixabay

緑(構造型)思考に仕事を依頼するときは・・・

その仕事の手順、ゴールの形(サンプル)を必ず伝えるとよいです。 最終的にどんな形になるのか、具体的なサンプルを提示した上で、ここは○○して、その次は・・・と詳細に伝えます。 こうしたことを伝えることで、緑脳のモチベーションが上がります。   逆に、そうしたことがわからないと、やる気が出ないことも多いです。 仕事はきちんとしたいとも考えているので、「その仕事のマニュアルはありますか?」「ガイドラインは?」と質問されることもあります。   緑潜性の人がそんな質問をされると、「細かいことばかり言って!」「いちいち面倒くさい」と感じてしまうこともあります。 しかし、緑脳は「正しく手順通りに実行することが信頼性の高い仕事である」と考えていることが多いので、手順が不明確な仕事は高い信頼性を担保出来ない仕事ということになります。 この思考の違いを抑えておかねば、大きなコミュニケーションのミスが起きるはずです。   エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。 日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。 そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。