EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【黄思考あるある】ルーティンワークは萎える

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。 黄(コンセプト型)思考は非日常や他と異なること、新しい体験を好む思考です。 逆にいつもと同じこと、他と同じ事、過去に体験したことについては、あまり興味が湧かず、ルーティンワークは気持ちが萎えてしまうことが多いと言えます。 そこに何か新しいもの、他と違う事を感じないと、やりたくないと感じてしまうのです。

黄(コンセプト型)思考に仕事を依頼するときは・・・

その仕事が他と違うこと、いままでと異なること、何が新しいかを必ず伝えるとよいです。 その仕事の先にある未来の姿、ビジョンを視覚的に伝えるとより効果的です。 「他の人には頼めない」と言われると「自分だけはこの困難なことでも対応出来るのでは?」と感じて、黄脳のモチベーションが上がることも珍しくありません。   逆に、そうしたことを感じないと、やる気が出ないことも多いです。 マニュアルに従い、その手順の通りに仕事をしろと言われると、そこに自分なりのオリジナリティを加えたいと考えてしまいます。 しかし、そうしたオリジナリティを加えることを禁じられると、モチベーションが下がってしまいます。 黄脳には、創造性をかき立てられるような仕事の依頼の仕方が効果的です。   エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。 日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。 そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。