EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【緑思考あるある】今上手くいっていることは変えたくない

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。 緑(構造型)思考は積み上げていく思考であり、過去の成功体験を踏襲したいと考える傾向があります。

geralt / Pixabay

予測出来る未来を好み、予測出来ない未来を避けたいと考える傾向があり、安心・安全を好みます。 「失敗」は予測出来ない未来であるため、できるだけ避けたいと考えます。 失敗をしなくて済む方法は、過去に成功したやり方を踏襲することです。 そのため、過去にうまくいったやり方があれば、そのやり方を変更することを避けたいと考えることが多いです。 やり方を変えることによって、わずかでも失敗する可能性があるのなら、その変更は避けたいと考えるのです。 「今上手くいっていることは変えたくない」のです。   大きな革新は生まれにくいとも言えますが、非常に手堅い方法です。 黄脳から見ると、変化がないのはつまらないと思うかもしれませんが、大きな失敗に繋がる可能性は最小化できます。 過去に上手くいったやり方ですから、何度も繰り返すと上手に早くできるようにもなり、生産性が上がっていきます。     エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。 日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。 そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。