EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【緑思考あるある】買い物も順番を守りたい

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。 緑(構造型)思考は、買い物に行く場合でもいつ、どこに、何を買いに行くのか?を予め決めていることが多いです。

    何時にどこに行くか?を決めておき、その決めた順番の通りに行動したいと考える傾向があります。 これは、予測出来る未来を好み、予測出来ない未来を避けたいと考える緑(構造型)思考の特徴です。   決めたことを決めた通りに行動することで、未来を予測出来ます。 しかし、決めた通りに行動しないと、不測の事態が生じる可能性があり、それを避けたいと考えることが多いのです。   買い物のスケジュールや順番を決める時も、過去の経験をベースに検討します。 構造型は、「積み上げていく」思考であるため、過去の経験を積み上げ、その積み上がった経験をベースに判断しようとする傾向があります。   安心・安全を好むで、過去に経験のしたことがない場所、ショップ、時間の場合は、かなり余裕をみた計画を立てることが多いです。 あたしい事には慎重なので、不測の事態が起きたとしても対応出来るような計画にしておくことを好みます。   エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。 日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。 そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。