EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

こどもの頃は似ているプロファイルの子供と友達になることが多い

社会に出る前の学生時代、特に、幼少期においては、自分のプロファイルと似ているこどもと友達になる可能性が高いです。

Pezibear / Pixabay

一緒に同じものを見ておもしろいと感じ、同じものを見て腹がたち、同じものを見て悲しいと感じることができると心地が良いのは大人もこどもも同じです。 社会に出てしまうと、好きか嫌いかに関わらず、強制的に共に過ごすこと、ともに働くことが必要となりますが、こどもの時は気に入らない、気が合わない子とは付き合わなくてもやっていけます。 そのため、一緒に遊んでいて楽しいのは、自分と似ているプロファイルであるこどもなので、こどもの頃に友達になる可能性も必然的に似ているプロファイルのこどもが高くなります。   大人になっても、初めて会った人でもなぜか気が合うのは似ているプロファイルの人であることが多いです。 似ているプロファイルの人達と一緒に居るのは、歳を重ねても同じなのです。   エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。 日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。 そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。