EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【青思考あるある】その学びが必要か否か

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。 「学び」の環境やスタイルも特性によって好みの違いがあります。

geralt / Pixabay

青(分析型)思考は合理的な思考であり、無駄を嫌います。 何かを学ぶとしても、学ぶ目的がないと無駄に思えてやる気が出ません。 「万が一に備えて」と言われても、「万が一」がどの程度の確率で発生するのか、発生した場合にどのような不具合が起きるのかを数字で検討した上で学ぶか学ばないかを決定することが多いと言えます。   学ぶ方法も、最短時間、最小限の努力で最大限の効果を得ようとします。 先人達の成功事例を分析し、自分にとって最も効率良く学べそうな手法、環境、先生、教材を選ぶ事を好みます。   何かを勉強しようと思ったとき、その部屋や机の周りに勉強の邪魔になるものがあることを避けたいと考えます。 機能的な机や椅子、部屋を好み、一般的な事務机で、白を基調とした明るい部屋、電気を好む傾向があります。   勉強をする場合でも仮説を立て、その成果を評価検証しながら進めていくことが多く、失敗したと思えばその方法をやめてしまうことも珍しくありません。   単純な暗記はあまり好きではなく、理由や論理を考えることを好むことから、理由や論理については自然と頭の中に入り記憶していきます。その論理や合理性を担保する情報は暗記しようとせずとも、自然と覚えてしまうことも珍しくありません。 「勉強」という意味では論理を追求していく学問を好むことが多く、いわゆる理系科目を得意としているひとが多いです。   エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。 日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。 そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。