EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【自己表現性右寄りあるある】うるさくても怒られない環境が良い

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。 好みの「学び」のスタイル、環境、分野も特性によって違いがあります。

ArtsyBee / Pixabay

自己表現性の数値(パーセンタイル)は「感情や考えを世界に対して発信したいエネルギー」であり「人と関わり合いたいエネルギー」を表します。 自己表現性右寄りは、自分の考えていることを表現したいとは思うことが多く、目立つことにストレスを感じません。そのため、勉強するなら声を出しても怒られない環境を好みます。   人と関わり合いたいとも思うので、友人に話しかけても怒られない環境を好みますし、一人よりも複数名いることを好むことが多いです。 狭い部屋よりも広い部屋で、少人数よりも大人数を好みますが、学校や塾などでは大勢が一つの教室に入り、決してあてられることがなく、没個性を求められる環境は、人と関わっていくことができないため、あまり好きではありません。 ファミリーレストランや、ファーストフード店など、少々うるさい場所で勉強することも苦痛ではありません。 むしろ、自分が話したい時に話せることで、そうした環境を良しとすることも珍しくありません。   教室で誰かにあてられることにはストレスがありません。 意見を発表する場があった方が、全くないよりもよいと考えることが多いでしょう。   エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。 日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。 そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。