EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【自己表現性】仕事をするのは一人と大勢どっちが快適?

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。

geralt / Pixabay

自己表現性は「自分の感情や考えを世界に発信したいエネルギー」であり、「人と関わり合いたいエネルギー」でもあります。

 

自己表現性左寄りは、注目を浴びるのを好まず、人と関わり合いたいとはあまり思いません。

仕事をするのであれば、誰かと話をしながらやるよりも、黙って一人でやる方が快適と感じることが多いでしょう。

 

自己表現性右寄りは人と関わり合いたいと考えます。

仕事をする場合は、誰かと話をしながら、賑やかに進めることを好みます。

 

何かを発言する場合も、自己表現性左寄りは発言するために考えをまとめる時間が必要ですが、右寄りは、発言することによって考えをまとめます。

自己表現性左寄りは黙って考えることで、自分の意見をまとめることが多いのですが、自己表現性右寄りは誰かと話すことで答えをまとめていく傾向があります。

 

こうした特性別の好みのスタイルを知っておくことで、職場環境をより快適にすることができるはずです。

 

特性を知らないと、「あいつはなぜ黙っているんだ!」「いつもいつもくちを開いてばかりで!」と全く正反対のストレスを互いに感じ、それが誤解や偏見、不快感、不信感に綱がり、ギスギスした関係につながることがあるのです。

 

自然とチームの雰囲気が温かくなり、信頼感でつながることができるようなチームづくりはどうすればいいのか。 

【自己表現性の違い】こんなのは嫌(なぜチームがギスギスするのか2)

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。 日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。 そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。

 

▼セミナーのお申し込みはコチラ▼

2021/08/06(金) 【品川】エマジェネティックス®(EG)活用セミナー(中級)参加申込み

多様性を活かして、創造的で革新的なチームを作る