EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【柔軟性の違い】イライラポイントの違い

エマジェネティックス®にて示される特性によって、嫌いなこと、嫌なこと、イライラすることが異なります。 それは、特性によって好むスタイルが異なるからです。 普通が違うことによって、相手が嫌がることをやっていないか?よくよく考えて行動する必要があります。

geralt / Pixabay

 

柔軟性左寄りのが嫌なこと

柔軟性左寄りは異なる意見や状況の変化を受け容れようとエネルギー量が少なく、言い換えると、可能な限り現状を維持することを望む特性です。 そのため、一度決めたことがあれば、原則として変更をしないで欲しいと感じます。

  • 最終的に変更が発生することを非常に嫌がる傾向があります

柔軟性右寄りのが嫌なこと

柔軟性右寄りは異なる意見や状況の変化を受け容れようとエネルギー量が多い特性です。 そのため、一度何かを決めたとしても、後で変更ができるようにしておいて欲しいと感じます。

  • 選択肢を検討することを制限されることを非常に嫌がる傾向があります

  エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。 エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。 日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。 そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。

 

 

関連【柔軟性の違い】リーダーとしての強み

 

▼サポートサイトはこちら▼

https://support.emergenetics.jp/login.php

▼セミナーのお申し込みはコチラ▼

https://emergenetics.jp/seminar/