EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

自分の特性と似ている人と一緒に居ると心地よい

エマジェネティックス®で明らかになる特性は自分の傾向や好みを教えてくれます。 思考特性について言えば、自分と同じ色を顕性としている人通しで話をすると、「普通」が同じであるため、とても心地よく会話できます。 意見の対立が起きることもそれほど多くはありません。

5688709 / Pixabay

行動特性についても、似た特性の人の集団は心地よいと感じます。 自己表現性左寄りの人は、左寄りの人が多い集団にいると、非常に静かで穏やかな空間になり、落ち着きます。 もし、右寄りの人が多い集団にいると、その騒がしさに落ち着かないということが多いはずです。 逆に、自己表現性右寄りの人は、右寄りの人が多い空間を好みます。 みんなでワイワイ大きな声で騒ぐことこそが、リラックスした状態であると感じることが多いからです。   自己主張性右寄りも、右寄りが多いところで議論を活発にすると、心地よいと感じます。 逆に議論が起きないと物足りないと感じることも多いでしょう。 自己主張性左寄りは、そうした議論をしなくてすむ、左寄りの人が多い集団を好みます。 もし、だれかが議論をふっかけてきたら、嫌だなと感じることも珍しくありません。   柔軟性左寄りの人は、一度決めたことがあれば、そこに向かって全員が邁進する集団にいると安心します。 柔軟性右寄りの人は、変化し続けることを全員が受け容れてくれると、とても心地よいと感じます。   似ている特性が共にいれば、とても心地よいですし、リラックスル出来ることが多いのです。 それは、異なる特性を見るとネガティブな感覚を覚えることにもつながっています。   エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。 日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。 そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。

関連:特性によって言葉の定義(意味・解釈)が異なるって本当?

 

▼サポートサイトはこちら▼

https://support.emergenetics.jp/login.php

▼セミナーのお申し込みはコチラ▼

https://emergenetics.jp/seminar/