EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【自己主張性左寄りあるある】もめることを避けて平和的に過ごしたい、確実に正しく実行したい

エマジェネティックス®プロファイルによって示される行動特性の違いは、職場で大きなストレスを生むことがあります。 自己主張性左寄りは他人に自分の考えを受けいれて欲しいとはあまり思っていません。もめることを避けて平和的に過ごしたいと感じる事が多い特性です。 また、物事はきちんと間違えずに、確実に正しく実行したいと考える傾向があります。

Kurious / Pixabay

そのため、何か決断を迫られると自分の考え(決断)が正しいかどうかを他人に聞いて、「正しい」といってもらいたい、誰かに背中を押してもらいたいと考える傾向があります。 正しく、確実に実行したいので、仕事をはじめるにあたって入念に準備する傾向があります。 マニュアルの確認をしたり、手順を確認したりしますし、仕事が始まれば決めた手順通りに実行しているかも確認したくなることが多くあります。   正しく確実に実行したいので、仕事が終わっていないのに中断して終わらないままにしておくことを嫌がります。 緑顕性でも遅刻することが多い人の多くは、緑脳異常に自己主張性左寄りが大きく影響しています。   ビジネスにおいては、途中で割り込みの仕事が入ってくることは珍しくありません。 自己主張性左寄りの方に割り込みで依頼する場合は、仕事を中断することにストレスを感じることを理解して、安心させてあげることが重要です。 「申し訳ないけれど急ぎでこの仕事をやってほしい。今やっている仕事は後回しで、○時まで納期をずらして構わないから、先にこの仕事をやって欲しい」 と、今やっている仕事を遅らせることの許可を出してあげると、ストレスを軽減させることができます。   人はつい、自分の普通で相手を見てしまいますが、人によって普通は異なります。 相手がどんなことにストレスを感じるのかを考えながらコミュニケーションをとらないと、様々な軋轢を生んでしまいます。 コミュニケーションの問題の多くは、人の目に見える行動によって引き起こされています。 行動特性を押さえることが、最も早くコミュニケーションをよくするコツです。   エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。 日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。 そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。