EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

WEアプローチ

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。

Couleur / Pixabay

エマジェネティックス®では多様である組織、それもWEチームが最強であることを教えてくれます。 参考:WEチームとはメンバーが得意なことに特化するとチームが明るくなる しかし、中小企業などでは、異なる特性の人を集めたチームを常に作ることが出来るとは限りません。   そこでエマジェネティックス®は、「全ての脳を使え」と教わります。 たとえ、ある色の脳を潜性としていても、その脳を持っていないわけではありません。 「潜性」とは、確かに存在するけれど、普段はあまり使おうとしていないために潜っていて感じることが少ない特性です。 誰しも、どの色も持っているのです。   そこで、普段は使っていない脳を使えば、その色を顕性としている人がチームにいるかのような効果を得ることが出来ます。 このように、全ての脳を使って取り組むことを「WEアプローチ」と呼んでいます。   WEチームを編成できない時はWEアプローチを使えば良いのです。 もっと言えば、つねにWEの力を使おうと考えて物事に取り組めば、WEチームの力ももっと高いレベルで発揮できるようになります。   エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。 日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。 そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。