サービス開発課・経理総務課クロストークCROSS TALK

サービス開発課は主にマーケティングや商品開発、人事採用などを行う部署です。
経理総務課は書類の作成や管理、給与計算や勤怠管理などの人事・労務関係の仕事を行う部署です。
特に、開業当初から携わる社員が多いのも魅力です!
そこで働く皆さんに日々どんな想いで働いているのか、
また、EGIJという会社に対しての本音を語っています。

  • 専務取締役

    マスターアソシエイト

    岡本 興一

  • 取締役

    マスターアソシエイト

    西 由美子

  • サービス開発課

    課長

    渡部 太貴

  • 業務サポート課

    主任

    森本 三千子

  • 総務経理課

    主任

    向原 樹里

QUESTION NO.1

会社の好きなところはどこですか?

森本

和気あいあいとしてるのが楽しいよね!

向原

みんな仲いい感じがいい!

渡部

まあ、社長が魅力的やね。
賀川さんていうのがそもそも魅力的っていうのがあるし、 賀川さんやからみんな集まってきたんちゃうっていうところもあるかなと。
なのでこれも会社の魅力のひとつかなって。 僕は結構好きですね、賀川さんがいてのEGIJっていうのは。

渡部

自由と責任はセットだけど、責任が増えると自由が増えるというか 自分がこうやりたいんですよと言ったことに対して すごい寛容な会社っていうのはすごい感じます。
他の会社やったらできてなかったんやろうなってことは結構あるような気がしてますね。
どうですか?岡本さん。

岡本

新しい会社だから、それこそこうでないといけないというのはないので。 今のメンバーで作っていく形だから、 人それぞれに創発を発揮してもらってみんなで作っていくところだと思いますよね。
だからこそ発展するし、まだまだいけるやろなぁっていうのは思ってます。

西

行動特性左寄りには働きやすいかな。理解してもらってるから。
EGがあるから、EGIJでは働きやすい、そういうところが好きかな。

森本

役員が左寄りだから、左寄りの人は働きやすいと思う。 右寄りの人ばっかりだったら左寄りのスタップはすごく働きにくいと思う。 なんぼEGがあっても、理解されにくいところがあると思うんだけど、 (EGIJでは)理解はされやすいんじゃないかなって思いますね。

西

NSKKがあってベースはあるけど、EGIJはできて若い会社だから 今の時代に合ったものだったり、 働き方に合わせて柔軟に対応してくれる会社かなと思います。

QUESTION NO.2

この会社の改善点は?

渡部

まだまだ若い会社だから、大企業と比べると制度とかもまだまだ整えないといけない部分はたくさんあるし ただそれを作っていける環境ではあるかなと思うので、 改善点と言うよりもこれから良くしていけるよね希望的観測という感じかな。(笑)

向原

急スピードで成長して、人もたくさん増えたので きちんと整ってないところもまだまだあるなっていうのは感じます。

森本

ずっと改善点はあるし、今まで改善以外何もなかった気がする。それが普通だと思っているし、 改善がなくなったら成長がなくなると思っているので、 改善点がある事は良いことだなと思います。

渡部

めっちゃいいこと言うやん。(笑)
西さんは?

西

改善かあ。皆さんが改善してほしいっていうことを改善したいかな。
みんなが言ってくれないとわからないから こうしたいああしたいって、福利厚生であったり、お休みであったり、 声を上げてくれないと分からないから、 声を上げてもらいやすい環境にすることが改善かな。
声を上げやすい環境を作りたい!

岡本

森本さんが言われたように、改善することがなくなったら、その会社は終わりなので、 上を目指せば、まだまだまだまだいっぱいあって いいところはパクってどんどん変えていきたいし、 もっと良い会社になりたいし。
来年の我々の今日この日が去年よりも進化してるなぁって言うふうに、 毎年ちょっとずつでも感じることができるようにはなりたいと思うし、 少なくとも今まではそうしてきた。
これからもっともっと広げていけるように それこそ全員でみんなでやっていくっていうのは、 我々の目指しているところだなと思っているので、 力を貸してもらいたいな、と思いますね。

QUESTION NO.3

仕事のやりがいや、「面白い」、
「楽しい」と感じるところは?

渡部

知れば知るほど人の人生におおきく影響与えるものなんだなていうのは すごい感じる。
あとは、いろんな所いけるなは楽しいところかな! 北は北海道から南は沖縄までいかせてもらえるので!

岡本

海外もね!

向原

毎月会議の数字を出して今日の会議も無事に終わったていうのが達成ですね。
目標に近づいているっていうのが1番にわかるっていうのも嬉しいです!

西

森本さんと向原さんには本当に支えられてきたな、と思いながら 日本の総代理店だからいろいろ考えて、こっちが主体できるのはすごくいいな、と思うし お客様に感謝されることも多いし、 占い師みたいに言われることも多いけど、 EGに関われてるのは全体的にやりがいに繋がっていると思います。

岡本

何がって言われると、全部。

QUESTION NO.4

仕事の取り組みに対して
こだわりがあれば教えてください。

西

こだわりか~難しいな~(笑)

森本

先に言うとないです。(笑)

渡部

いや、なんかあるやろ?(笑)
僕は、単純に昔からそうなんですけど、とにかく自分が楽しむ。
営業してた時に、自分が売ってて楽しくないものってお客様に伝わるんですよね。 それってほんまにいいもんなん?てお客様も思うわけで。
EGって心の底からいいツールやなって思ってるからこそ 自分が講師しててもみんなにどんどん伝わっていくと思っていて、 そのお客様が結果的に受けてよかったよみたいなことを言ってくれると 自分もうれしいじゃないですか!
それがサイクルになってるというか、 自分が実際に楽しんでやることによって お客様も楽しんでいただける「良かった!」と言ってくださる。 それを聞いて僕もまた励みになるしまた楽しくなるし、 って言うこのサイクルを回すっていうのがもしかしたら僕のこだわりかもしれないですね。 人を笑かして楽しんでもらえるっていう、 仕事の中でも普段生活でも結構気をつけたりするポイントではありますね

森本

勝手にアドレナリン出てたりするよね。(笑)
人には伝えにくいところかもしれないですけど。

向原

柔軟性左寄りだけどえーっと思わず、 淡々とそこはこなせるようになってきた
こだわらないのがこだわり。かな?

西

名言みたいやね。(笑)

渡部

それな~どっかで聞いたことある内容やねんな(笑)
同じクロストーク内でもしかしたら言ってるかも。 圭吾さんが同じように(笑)

西

いつまでも会社はずっと続くように関わっていきたいけど 、 なんとなく私の緑が、 安心安全と公平な会社にしていきたいっていうのはこだわってるかも。
そこ多分こだわると、それルールでしょとかこう書いてるでしょって、 わたし的にはめちゃめちゃ言いたくなるので、 もしかしたらこだわってるっていうのはそういうところかな。
公平に扱いたい、安心安全に 全員が平等でいてほしいな。
ちゃんと整合性を整えたいっていうのがこだわりかもね。

渡部

岡本さんのこだわりが聞きたいですね。

岡本

三方良し。

渡部

岡本さんぽいわ~(笑)

岡本

売り手よし、買い手よし、世間よし。
何かものを決めるときはそれが達成できるかを必ず考えるようにはしてます。 一方的にどっかだけが笑ってるはダメだと思うので、 立場上ね、会社全体の収益に対しても責任持っているし その結果が社員とその家族の生活にかかってくるし。
それは、お客様の支えあってのことだと思うし、 で、社会全体から支持されないと発展しないので、
世の中から必要とされる存在でありつつ、 お客様にも喜んでもらいつつ、 でも自分たちもちゃんと笑いつつ、 って言うのを1番根幹に持とうとは思ってます。

QUESTION NO.5

この会社を
どうしていきたいですか。
どんな会社になったらいいなと
思いますか?

森本

私が退職しても皆さんご活躍なのねって。
新聞とかテレビとか雑誌とかで、 あの時入った人たちが活躍してるのねっていうふうに継続はしてほしい。
定年退職まであと9年になりましたので…

渡部

全然まだまだあるやん!(笑)

向原

今ここの建物がギュウギュウじゃないですか。
だから、自社ビルがもっと…笑

西

会社としては森本さんの言うようにいつまでもずっとEGIJが何十年も続いてくれると嬉しいなぁと思うかな。
あとは引退するようになるまでにはEGIJで本が出せたら、 もっとEGが広まるキッカケになるんじゃないかなぁと。
そういうことができたらいいなぁって思ってる。

岡本

新卒含め、社員とその家族から
「あぁ、お前ええ会社入ったなぁ!」って言ってもらえるような会社
長期的に言うと、 「えー!お前エマジェネティックス®の会社に入ったん!?」 って社員以外の人から言われるような、 そんな会社にしたいし、 なっちゃうと思います。