占いではなく、「科学」なんです

占いではなく、「科学」なんです

エマジェネティックスの研修を始めて受講いただいた方(参考:入門コース)の多くが、「当たっている!!」とおっしゃいます。
「確かにこのプロファイルは自分の特長を表している!!」と感じて「当たっている!」とおっしゃっていただいているのだと思います。
ただ、エマジェネティックスは、占いではないので、「当たっている」「外れている」というものではないのです。

エマジェネティックスとは?」というページでも説明していますが、エマジェネティックスは脳神経科学の研究結果をベースに、統計学を駆使して作られた科学的なツールなのです。
エマジェネティックスのプロファイルを取得するには、ウェブ上で100の質問に回答いただくことになります。
その回答をデータベースと比較することでプロファイルを作成します。

turned on monitoring screen

参照用データベースは、過去の受験いただいた方の中からランダムピックアップされたものが用いられています。
論理的にものを考える人の多くが、質問○番では、「6」以上を、質問□番では「2」以下を選んでいるといった統計データから逆算します。
つまり、質問○番で「6」以上を、質問□番で「2」以下を選んでいる方は、おそらく論理的に物事を考える傾向がある(可能性が高い)と判断するわけです。

このように、実際に存在する過去の統計データから、「統計上、おそらくは○○を重視すると思われます」ということを数値で表すのがエマジェネティックスです。

その科学的根拠については、テクニカルレポートを公開しています。

分析型(青脳)顕性の方は、是非、ご一読していただきたい内容です。
きっと、科学的に信頼できるとご納得戴けると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。