水面下の氷山

水面下の氷山

エマジェネティックスを知ることで、氷山の存在を知ることが出来ます。

(参考:エマジェネティックスを知る前と知った後の違い)

会社で起きている様々な問題の原因が、実は、働く人一人一人の特性が原因であることがわかるのです。

そのことを知るだけで、社内で無駄な争いが減ることは間違いありません。

また、ミスコミュニケーションが減り、生産性が上がります。

ところが、エマジェネティックスをもっと深く学んでいくと、見えていた氷山は、本当に一部分でしかなかったことがわかります。

違いがあるとは分かっているのに、理解が浅いと水面下の氷山に気付くことができないのです。

水深の浅い部分の氷山は、自分が考える普通と、他人が考える普通が違うということを、「当たり前」のものとすることで見えてきます。

入門コースを受講されただけの方の多くは、違いを知っただけで、すぐにその違いがあることを忘れてしまいます。

だから、氷山を見落とすことが多くなるのです。

そこで、エマジェネティックスの特性について、普段から当たり前のこととして活用できるようになるためのトレーニングコース「現場活用トレーニングセミナー」を作りました。

このコースを「繰り返し」受講することで、人によって特性が違うということが「当たり前」になります。
すると、問題が起きたとして腹が立たなくなります。
アンガーマネージメントをする必要が無くなります。

さらに、繰り返し受講いただいて、より深く学んでいただければ、「自分の普通は偏っている」と普段から思うことが出来るようになります。
世界全体で同じ「普通」は存在しないということが、血肉となるのです。

自分は○○だと思うけれど、□□の特性の人にとっては、全く違う考え方をするよね。
それが、当たり前で、自分の考え方が世界の中心というわけではないよね

そんな風に日常的に考えることができるようになります。

こうした考えに至るようにする近道としては、「エマジェネティックス®管理職向け現場活用トレーニングセミナー」がお薦めです。
何か問題が起きると「ああ、自分が○○してあげれば良かった・○○しなかった自分が悪かった」と自然と自分に矢印が向くようになり、他責ではなく自責が当たり前になります。
社員全員がそんな風に考える組織になったら、どんな組織が生まれるでしょうか?

私達、株式会社EGIJは、エマジェネティックを皆が正しく学び、使いこなすことで、「心理的安全性」を担保出来る組織が、非常に短期間で、簡単に創り上げることができると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。