EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

メンバーが得意なことに特化するとチームが明るくなる

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。

RobinHiggins / Pixabay

チームメンバー一人一人が、それぞれの特性から明らかになった強みを活かし、得意な仕事だけをやるとどうなるしょうか?

自分にとって苦手な仕事は、それを得意とする他のメンバーが自然とやってくれます。

当然、感謝が生まれ、「ありがとう」ということばが出ます。

得意な仕事は、他の苦手な人がやるよりも早く、確実に、高い品質で進めることができます。

得意な仕事をやれば、チームに貢献できたと実感できます。

多くの場合、チームメンバーから感謝されます

 

苦手なことを誰か代わりに、それを得意とする人が引き受ける。

たったこれだけで、チーム内に感謝が生まれます。

成果も出ます。

貢献したと実感できます。

 

だから、どんどんチームが明るくなり、笑顔で溢れるようになるのです。

明るいチームは生産性がますます上がっていき、成果をどんどん出していきます。

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。