EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

リーダーに向いたプロファイルなんて存在しない

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。

danymena88 / Pixabay

エマジェネティックス®研修を受講すると良くいただく質問が「リーダーに向いているプロファイルはどんなプロファイルですか?」というものです。

結論から言えば、「そんなものはありません。」

 

エマジェネティックス®では、全てのプロファイルが完璧で、素晴らしいと考えています。

プロファイルは能力を全く測定しておらず、思考や行動の好み、傾向しか測定していません。

どんなプロファイルも、何でも「できます」が、やり方、好みが異なることはプロファイルを見ればわかります。

 

リーダーについても同じです。

どんなプロファイルでもリーダーになれます。

しかし、リーダーシップのスタイルが異なります。

 

例えば、自己主張性左寄りのリーダーは部下の「やりたい」という意見について反対することはなく、何でも「いいよ」と受け容れてくれることが多いものです。

部下からすると、「何でもやらせてくれる」上司に見えるでしょうし、「話を聞いてくれる」上司に見えます。

ところが、時として、「もっと強く方向性を打ち出して欲しい」と感じたり、「頼りない」と感じたりすることもあるかもしれません。

 

自己主張性右寄りの上司の場合、部下をグングン引っ張っていくスタイルになることが多いでしょう。

部下からすると、いつも引っ張ってくれる頼もしい上司に映ります。

特に、事故やトラブルが起きれば先頭に立ってメンバーを引っ張ってくれる頼りがいのある上司です。

しかし、こんな風にやらせて欲しいと上司に提案しても、「いや、そのやり方ではなくこうやれ!」と上司の指示が強烈に飛んでくることも珍しくないので、「あの上司はやりたいようにはやらせてくれない。」と不満を抱くことがあるかもしれません。

 

ちょっとしたことですが、この特性だから良いリーダーで、この特性だから悪いリーダーということはありません。

特性によってリーダーシップのスタイルが違うだけです。

重要なことは、自分の特性を理解して、自分の強みをどう活かすか?を考えること。

リーダーシップも、強みを活かすやり方を選択すればよいのです。

 

エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。

日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。

そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。