EG百科事典EGの効果やあるある話をお届け!

【自己主張性左寄りあるある】振り返りの時間をゆったりと欲しい

エマジェネティックス®によって明らかになった特性を理解することで、コミュニケーションが大きく改善し職場が明るくなり、儲かる組織にすることができます。 好みの「学び」のスタイル、環境、分野も特性によって違いがあります。

strichpunkt / Pixabay

自己主張性の数値(パーセンタイル)は「自分の考えを他人に受けいれて欲しいエネルギーとその頻度」であり「平和的であることのバロメーター」でもあります。 自己主張性左寄りは、平和主義と言われ、とにかくもめることを嫌います。自分の意見を通すことでもめることは避けたいと考えます。 そのため、ディスカッションはあまり好きではないことが多く、戦わずに済むことを選ぶ傾向があります。 スピードについても、間違えないよう確実に進めることを好むので、十分な準備をした上で自分のペースでじっくりと進行することを好みます。   こうした特長があるため、「ディスカッションをしなくてもよい」セミナーで、「急かされることがない」ことを求める傾向があります。 また、順位を付けられることなく、自分のペースで進めることができる事を好みます。 競争などない方がよいと思う傾向があります。 前へ進んでいこうというよりも、じっくりゆっくりと振り返ることを好むため、学習には振り返りの時間をゆっくりとれると安心します。     エマジェネティックス®(EG)研修を受講し、各特性を理解することで、上司や部下でありがちな問題の解決につながります。 日々、エマジェネティックス(EG)で学んだ特性を意識し、自分の特性と相手の特性について「色で考える」ことを習慣化してください。 そうすれば、エマジェネティックス®研修で学んだ内容を実践的に活用できるようになります。